ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

2020年4月に「北海道電力ネットワーク株式会社」が発足します

北海道電力ネットワークとは?

当社はこれまで、発電、送配電、小売電気事業を一貫体制で運営してまいりましたが、電気事業法の改正により、2020年4月に発電、小売電気事業を担う事業持株会社「北海道電力株式会社」のもと、送配電事業を担う「北海道電力ネットワーク株式会社」を分社化します。
北海道電力および北海道電力ネットワークは、これからも「責任あるエネルギー供給の担い手」としての役割を全うし、北海道の持続的な発展に尽くしてまいります。

北海道電力ネットワーク株式会社のロゴマーク

ほくでんネットワーク

ロゴマークに込めた思い

北海道の形をモチーフとし、ネットワークの頭文字「N」と電光、さらに安全を確認する「チェックマーク」をイメージし、広大な北海道のすみずみまでしっかりと電気を送り続けていくという使命を表現しています。

2020年4月の分社化イメージ

現状(2020年3月まで)

現状(2020年3月まで)

2020年4月以降

2020年4月以降

北海道電力ネットワークの分社化に関するQ&A

Q

北海道電力と北海道電力ネットワークに分社化するのはなぜですか?

A

電力システム改革として2015年6月に電気事業法が改正され、新規に参入する発電会社・電力小売会社が既存の電力会社の運用する送配電網を公平に利用できるよう、2020年4月から送配電部門の別会社化(法的分離)を行うことが決まっています。
当社はこれまで、発電事業、送配電事業、小売電気事業を一貫して手がけてまいりましたが、この法的分離への対応として、2020年4月に送配電事業を担う「北海道電力ネットワーク株式会社」を分社化することとしました。

<電力システム改革とは?>

  • 電力システム改革は、①電力の安定供給の確保、②電気料金の最大限の抑制、③需要家の選択肢や事業者の事業機会の拡大を目的として進められてきました。
  • 電力システム改革は、大きく3つの段階に分かれており、以下の内容で改革が進められてきました。

    電力システム改革

Q

北海道電力ネットワークは、どのような業務をするの?

A

電気を皆さまに安定してお届けするための配電設備、送電設備、変電設備等の工事や保守、さらには再生可能エネルギーの導入拡大に向けた取り組みや、FIT(固定価格買取制度)に係る対応などの業務を行います。
また、道内でも普及が進むエアコンなどの便利家電のご紹介を通じた快適な暮らしのご提案、高効率機器の推奨による低炭素化とエネルギー利用の効率化にも貢献していきます。

Q

電気の安定供給に不安はないの?
また、停電や災害時の対応はどうなるの?

A

ご安心ください。送配電部門の分社化によって体制は大きく変わりますが、今後も変わらず北海道のすべてのお客さまに安心して電気をご利用いただくという使命を果たしてまいります。
また、送配電設備の故障による停電は、北海道電力ネットワークが対応いたします。地震、台風などの大規模な災害時には、北海道電力と北海道電力ネットワークが連携を図りながら、これまで通り迅速な復旧対応を行います。

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。