ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

プレスリリース 2019年度

苫小牧発電所1号機の復旧について(最終報)

2019年4月11日

 苫小牧発電所1号機(所在地:苫小牧市、定格出力:25万kW、使用燃料:重原油・天然ガス)は、ボイラー燃焼設備から燃料漏れを確認したことから、4月4日17時18分に停止いたしました。
 現在、消防への通報を行い、確認作業を進めております。

(2019年4月4日お知らせ済み)

 苫小牧発電所1号機については、漏れた燃料の一部がくすぶっておりましたが、自衛消防隊による消火活動を行い、消防より、17時27分に出火、19時58分に鎮火と確認されましたのでお知らせします。

(2019年4月4日お知らせ済み)

 苫小牧発電所1号機について、ボイラー燃焼設備点検の結果、バーナガン※1取付け部に装着しているガスケット※2の欠損を確認したことから、該当部を取り替えるとともに、漏洩した重油の拭き取り作業を実施いたしました。

 また、本事象に対する推定原因と再発防止対策についてとりまとめ、苫小牧市消防本部に説明のうえ運転再開の了承を得て、4月10日20時19分に復旧しましたのでお知らせいたします。

<苫小牧市消防本部への説明内容>

  1. 推定原因
     ボイラー燃焼設備点検の結果、バーナ取付け部に装着しているガスケットの欠損を確認したことから、この部位から重油が漏洩したものと推定いたしました。
  2. 再発防止対策
     今回欠損したガスケットは、取付け時の目視点検において異状がないことを確認しておりましたが、取付け作業の際に、偶発的に異物が入り込んだ可能性があります。そのため、当該部を含むすべてのバーナガン取付け部に装着しているガスケットについて、取扱いが容易で異物の影響を受けにくいものに取り替えることといたしました。
  1. ※1ボイラーで燃焼するために重油を供給するための装置
  2. ※2液体が外部に漏れないよう、隙間を塞ぐための部品

【添付資料】

プレスリリース 2019年度へ戻る

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。