ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

プレスリリース 2018年度

北海道胆振東部地震による当社送配電設備の被害状況と復旧見通しについて

2018年9月13日

 9月6日に発生した北海道胆振東部地震により、当社の送配電設備は、多大な被害を受けましたが、現時点で判明している被害の状況と復旧の見通しについてお知らせいたします。

【送電設備の状況】
送電線名 設備状況 復旧見通し
岩知志線
(66kV)
No.71 鉄塔倒壊(地滑り) 本日、仮復旧工事を完了済
No.107 鉄塔倒壊(地滑り) 未定(復旧方法検討中)
狩勝幹線
(275kV)
鉄塔周辺地の地崩れ 未定
【配電設備の状況(9月13日9時00分現在)】
支持物(基) 電線(条) 変圧器(台)
折損 傾斜 損壊 流失 小計 断線等 損傷 傾斜
35 156 5 121 317 283 32 382

【停電戸数(9月13日16時00分現在)】

161戸(厚真町、安平町)

今後の停電情報につきましては、当社ホームページをご参照ください。

別のウィンドウで開きます。http://teiden-info.hepco.co.jp/

 当社は、被害を受けた設備について、早急に復旧できるよう取り組んでおります。
 お客さまにおかれましては、節電タイム(平日8時30分から20時30分)において、平常時の2割の節電に取り組んでいただけるようご理解・ご協力をお願いいたします。

【添付資料】

プレスリリース 2018年度へ戻る

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。