ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

企業・IR情報

トップメッセージ

[最終更新日] 2019年6月26日

取締役社長 藤井 裕

株主のみなさまには、平素格別のご高配を賜り、厚くお礼申しあげます。

このたび、真弓明彦が取締役会長に、藤井裕が取締役社長にそれぞれ就任いたしました。厳しい経営環境が続くなか、当社は、新たな経営体制のもと、財務基盤の強化を図るとともに、グループの総力をあげてさらなる成長を遂げていくための取り組みを進めていきます。

北海道内の電力販売については、料金メニューの充実、ソリューションの提案、対面営業の強化など、契約獲得に向けた取り組みを一層強力に推し進めていきます。首都圏での電力販売を積極的に展開するとともに、ガス供給事業にもしっかりと取り組み、収入拡大を目指します。
あわせて、カイゼン活動への取り組みなどを通じた抜本的な効率化・費用低減を図ることにより、経営基盤を強化し、競争力の高い事業構造を実現していきます。

泊発電所の早期再稼働の実現に向けて、新規制基準適合性審査における最優先課題である敷地内断層の活動性評価については、新たに追加調査を行い、できるだけ早く検討結果を取りまとめ、審査会合で説明していきます。

ESG(環境・社会・ガバナンス)の広がりなどを踏まえ、国内外において水力発電や風力発電などの再生可能エネルギー発電事業に積極的に取り組んでいきます。また、電力系統への再生可能エネルギーの接続量の最大化と電力品質の維持の両立を図っていきます。

送配電部門の分社化については、2020年4月1日の北海道電力ネットワーク株式会社の設置に向け、株主総会でご承認いただいた「吸収分割契約」に基づき、事業承継の手続きを進めていきます。引き続きグループ全体の企業価値の持続的な向上を目指していきます。

当社は、責任あるエネルギー供給の担い手として、引き続き北海道のみなさまの暮らしと経済を支える役割を果たしていきます。また、さらなる成長と発展に向けて、お客さまの声に耳を傾け、生活や産業・社会の変化、技術革新を先取りした取り組みに果敢にチャレンジし、新たな「ほくでんブランド」を創り上げていきます。
株主のみなさまにおかれましては、今後とも、当社の事業に対し、ご支援とご理解を賜りますようお願い申しあげます。

2019年6月

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。