ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっていますが、情報は問題なくご利用できます。

メニュー

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューをスキップする。

ここから現在位置です。
現在位置ここまで。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

背景用div

企業・IR情報

需給調整市場に係る簡易指令システム工事の申込手順について

需給調整市場の取引において簡易指令システムによる参入を希望する場合、簡易指令システムの回線接続工事が必要となります。
需給調整市場の参入に係る簡易指令システム工事の申込受付を2020年1月7日(火)より開始いたしましたのでご案内いたします。

簡易指令システムの概要

簡易指令システムにつきましては、バーチャルパワープラント構築実証事業において検討された共通基盤システムの仕様※1を採用いたします。同実証事業での共通基盤システムに係る仕様についての結果がとりまとめられておりますので、資源エネルギー庁のホームページをご確認願います。

  1. ※1「ディマンドリスポンス・インタフェース仕様書※2」に準拠すること。また、情報セキュリティ対策として「エネルギー・リソース・アグリゲーション・ビジネスに関するサイバーセキュリティガイドライン※2」に記載のセキュリティ要件に従うこと。
  2. ※2

    改訂の際には最新版を参照および最新版に準拠するものといたします。
    詳しくは下記のリンクをご覧願います。

    別のウィンドウで開きます。資源エネルギー庁ホームページ

工事施工対応数上限の拡大、工事施工サイクルの調整および工事受付スケジュールの変更について

工事施工対応数の拡大について

簡易指令システム接続に係る対向試験については、事業者説明会時には需給調整市場開設の2021年4月までに施工できる上限を各工事施工サイクルごとに10事業者程度(3サイクル計30事業者程度)とお伝えしておりましたが、その後対応数の拡大を検討し、各工事施工サイクルごとに2倍程度の対応を可能といたしました。

工事施工サイクルの調整について

各工事施工サイクルごとに工事受付期間を設定しておりましたが、対応上限等を考慮して、申込時に工事施工サイクルを希望できることとしました(例えば、1サイクル目の工事受付時期に2サイクル目を第1希望として申し込みいただくことが可能です)。

工事受付スケジュールの変更について

1サイクル目の工事施工について、事業者説明会時には12月までを申込締め切りとしておりましたが、1月までの申込締め切りに変更しております。また、2021年4月以降の工事施工サイクルについても申し込みできるようにいたしました。

  • ご希望の工事施工サイクルは申込時期を勘案の上、第1希望~第5希望までご提示していただきます。
  • ご希望の工事施工サイクルをもとに対応上限を考慮し、工事施工サイクルの調整をさせていただきます。
  • 受付は申込順で行うため、対応上限の関係から3サイクル目までの工事施工サイクルとならなかった場合は需給調整市場開設までに簡易指令システムの接続が出来ないこととなりますため予めご了承願います。
  • 6サイクル目以降の工事施工サイクルについては別途公表させていただきます。

<参考>

エネルギー・リソース・アグリゲーション・ビジネスに関するサイバーセキュリティガイドラインの制定について

需給調整市場参入に必要な「エネルギー・リソース・アグリゲーション・ビジネスに関するサイバーセキュリティガイドライン」については、経済産業省のホームページに公表されております。
詳細については、以下の経済産業省のホームページをご確認願います。

別のウィンドウで開きます。経済産業省ホームページ

工事施工申込手順

簡易指令システムの工事受付は以下の手順にて行います。

  1. (1)

    「情報提示依頼書兼秘密保持誓約書他」の郵送およびその旨のメール送付

    • 下記の「情報提示依頼書兼秘密保持誓約書他」にご記入・捺印のうえ、参入予定エリアの一般送配電事業者に郵送願います。

      Wordファイルを開きます。情報提示依頼書兼秘密保持誓約書他 [Word:27KB]

      <郵送先>

      〒060-8677 札幌市中央区大通東1丁目2番地
      北海道電力株式会社送配電カンパニー業務部電力受給センター広域契約グループ 宛

    • 「情報提示依頼書兼秘密保持誓約書他」を郵送した旨を下記のメールアドレスにご連絡願います。

      ご連絡いただきましたご担当者さまのメールアドレスまたは「情報提示依頼書兼秘密保持誓約書他」に記載のご連絡先をもとに、工事関係書類の送付等のやり取りをさせていただきますので、一般送配電事業者からのメールを受信できるメールアドレスよりご連絡ください。

      <北海道電力送配電カンパニー需給調整市場受付窓口>

      mms-hokkaido@epmail.hepco.co.jp

  2. (2)

    必要な工事関係書類の送付(一般送配電事業者から事業者さまへ)

    • 一般送配電事業者が(1)で郵送いただいた「情報提示依頼書兼秘密保持誓約書他」を確認でき次第、必要な工事関係書類をご連絡いただいたメールアドレスに送付いたします。

      事業者さまからご連絡いただいたメールアドレスに対して工事関係書類を送付いたします。

      (1)にてメールでのご連絡が無い場合、 「情報提示依頼書兼秘密保持誓約書他」 に記載の「担当者連絡先」宛に連絡いたしますので、ご連絡先にお間違いの無いようお願いいたします。

  3. (3)

    必要な工事関係書類の提出

    • 一般送配電事業者から送付いたします工事関係書類のうち、「VEN情報記入シート」、「セキュリティチェックリスト」を提出いただきます。また、「VEN情報記入シート」によりご希望の工事施工サイクルを確認させていただきます。
    • なお、「VEN情報記入シート」、「セキュリティチェックリスト」提出の際には、参入時期、参入エリア等をメール本文に記載のうえ、ご提出をお願いいたします。
    • 「セキュリティチェックリスト」は押印後、PDFデータとして送信いただき、本書は別途郵送にて提出いただきますようお願いいたします。(本書の郵送先は(1)の郵送先にお願いいたします。)
    • 提出いただく際のメール内容は以下記載の「提出メール記載内容」に沿ってメールの送付をお願いいたします。
    • 提出いただいた「VEN情報記入シート」に記入漏れが無いことを確認し、受領した段階で、工事受付とさせていただきますのであらかじめご了承願います。また、休日夜間等の営業時間外に提出またはお問い合わせいただいた場合、翌営業日以降の対応となりますことをあらかじめご了承願います。
    • 工事施工サイクルの時期につきましては、第1~第5希望まで入力が可能です。
    • ご希望の工事施工サイクルをもとに工事計画の調整をさせていただくことがございます。
    • ご希望の工事施工サイクルを確認させていただきますが、受付は原則申込順で行うため、各サイクルの工事施工数上限により、ご希望に添えない場合がございます。
    • 「セキュリティチェックリスト」は資源エネルギー庁が公表するエネルギー・リソース・アグリゲーション・ビジネスに関するサイバーセキュリティガイドラインおよび一般送配電事業者が要求するセキュリティ対策が実施されていることを事業者さまに確認いただくためのチェック票です。本チェック票の項目を満たした対象システムと簡易指令システムとの接続を許可いたします。

    【提出メール記載内容】

    メール件名:簡易指令システム工事施工申込(VEN情報記入シートの提出)

    メール本文:

    以下項目をメール本文にコピーしていただき、行間に各情報を記入願います。

    • 企業名・団体名
    • ご担当者さま氏名
    • 所属部署名
    • ご住所
    • 連絡先電話番号
    • 連絡先メールアドレス
    • 需給調整市場への参入予定エリア
    • 需給調整市場への参入予定時期
    • 提出資料(VEN情報記入シート、セキュリティチェックリスト)の添付

<参考資料>

PDFファイルを開きます。簡易指令システム工事業務フロー(2020年1月7日見直し) [PDF:241KB]

お問い合わせ先

需給調整市場の簡易指令システム工事施工申込について、ご不明な点がございましたら以下のメールアドレスにご連絡願います。
なお、工事施工申込および工事に関するお問い合わせについては事業者さまが需給調整市場の参入を予定するエリアの一般送配電事業者において対応させていただきますので、参入予定エリアの一般送配電事業者のホームページをご確認のうえご連絡いただきますようお願いいたします。

休日夜間等の営業時間外に送付またはお問い合わせいただいた場合、翌営業日以降の対応となりますことあらかじめご了承願います。

<北海道電力送配電カンパニー需給調整市場受付窓口>

mms-hokkaido@epmail.hepco.co.jp

参考(関係リンク)

専用線オンライン化工事のお申し込みについてはこちらをご確認ください。

本文ここまで。
ここからカテゴリ内メニューです。
カテゴリ内メニューここまで。
ここから共通フッターメニューです。
ページの先頭へ戻る
共通フッターメニューここまで。